工夫して自由な時間を作る

エンジニアがIT業界で働いていると、仕事一辺倒の日々になりやすくなります。
開発競争が激しい業界であるため、最前線で働いている限りは過重労働をせざるを得ない状況に立たされるからです。
IT業界で働いている限りは過重労働が不可避という実感を持っているエンジニアも多く、初期には他のことは何も考えられないほどになってしまうことも多いでしょう。

しかし、技術も身に付いて仕事にも慣れ自分なりのワークスタイルができてくると、時間にも少し余裕が生じてくるようになります。
それに加えて人に仕事を任せたり、ルーチンの仕事を効率化したりするといった改善策を講じることができる場合も多くなります。
さらには最前線で働かず、時間に余裕を持って働ける職場を選んで改善策とすることもできます。
このような考え方を持てる程度に精神的に余裕が生まれてくると、公私共に面白みが増してくるでしょう。
工夫をすれば時間の無駄をなくせることがわかって日々の仕事で創意工夫をする習慣ができ、それがうまくいくとまた余裕ができて他の取り組みもできるようになります。

一方、そのような工夫を繰り返すことで時間を自由に使えるようになり、余暇を楽しむ余裕も生まれてくることになるかもしれません。
それまでは時間がなくできなかった楽しみを、私生活に盛り込むことができます。
初期の過重労働から少しずつ脱却できるようになると、飛躍的に公私共に充実させることもできるようになるのが実情であり、それが面白いと感じて日々を楽しんでいるエンジニアも少なくありません。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.